後に残るもの

その時の感動が、ずっと冷めないでと願うことがある。
身体がかすかに震え、心の奥が熱くなる、手や足の指先さえしびれてくるあの感覚。

その感覚がずっとなくならきゃいいのに。

神様は意地悪だ。
慣れは人間の感覚を鈍らせ、つらい思いや痛みを忘れさせてくれるけれど、
深い感動も持って行ってしまう。

神様にとっては感覚は同じなの?
電気信号でシナプスが人の体に特別な電気を走らせることだったら、
それは同じものなのか。

いつもそう、、、。

そしてそれは切ないほど愛しく悲しい感覚にとって代わって、
またしばらく佇んで、
そして

消える。

e0123958_15204936.jpg

[PR]
by rose_jasmine1122 | 2012-06-19 15:21 | 空・海・自然
<< 己を俯瞰してみること 真四角の世界 >>